☆Que sera sera☆

30からもステキを目指す☆YANCHA☆'s Dialy
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
無理。
無理をしていると
いつの間にかそれが無理じゃなくなって
それはネガティブなことではなくて
自分の何かになっていくような気がする。

経験と知識はどうやったって
他人には譲れないし盗られないので
本当の宝になる。
スポンサーサイト
大人と子供。
家族だから言いたいことが言えるとか、
友達だから言いたいことが言えるとか、
家族にまで気を遣うのは面倒だとか、
そういうことではないのです。

家族だからこその思いやり。
友達だからこその思いやり。


何年、何十年、人生の先輩であるなら尚更、
「堪える」ことをしなければいけない。
子供は大人の「暴言」のゴミ箱ではないのだから。
屁理屈をいうようかもしれない。
けれど、言ってもいいこととそうでないことの
区別はつけられるはず。
自分の気持ちを押し通せば楽になるのかもしれない。
けれど、それによって誰かが悲しんだり苦しんだり、
悩んだりするようなら、その時は「堪える」べき。

自分以外の人に対してもう少し思いやりを持つべき。

そういうことがきちんとできる人が大人なのだと
私はそう思う。
覚悟。
新しく何かを始めようと思うと、
それなりに覚悟がいるもので、
えいやと勢いで何でもできてた自分が
今はもういない。
それは今までの経験値によるものなのだと
思うのだけれど。

まだまだ覚悟ができていない自分は、
この状況を脱出しようと思い切ったことを
したくてもやはりいろいろ怖いので、
何も言わず何もできずただ時が過ぎるのを待つばかり。
移ろいゆくもの。
ずっと同じって思っていたら大間違い。
って言われているような気がして悲しい。
言われた言葉を胸に秘め、日々努力してきたことが、
「それ違う」と言われたみたいで悲しい。
何が正しくて何がそうでないかっていうのは
時々難しくて、答えが出ない事もたくさんあるのは
わかってはいるのだけれど、
努力したことが間違っていたのなんて思いもよらなかった。
どこで進むべき道を間違えたのか。
到底間違えたなんて思えないのだけれど。
正解不正解がわからないから考えてみる。

自分だけのことならばいっそ簡単なのに、
相手がいることだから難しい。
気持ちも考えも同じではないから。
10年経って10年前に言った事を本人が覚えていないのなら、
「責任感がない」と私に言ったその言葉、
そっくりそのままお返しします。
地味で暗くて怖い。
いろいろ溜まると、逃げることを考える。
よく、学生の頃試験日の前に
「明日台風こないかな」とかいけないことを考える様に。
今日もそうやって地味に暗く、逃げ出す事を想像し、
ある程度まで逃げられる事ができたらそこで終わり。
そうすると何故だか少しだけまたがんばれる気がするのです。
今日は実現してみたらもっとすっきりするのではないかと
少しだけ思ってしまったのだけれど、思い留まる。
結局、逃げ出したいとまで思っているのに、
そこに守られているのね。
逃げ出した先もどうなるのかわからない。
ここに留まってみてはいるもののどうなるのかわからない。
どちらもわからないのだけれど、
想定しやすいのは今このままのこの先。
怖いのね。臆病なのね。
そして一番私が卑怯なのです。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。